コレステロール サプリ

始めよう!コレステロールサプリ!

 

コレステロールの種類と動脈硬化の関係

 

血中のコレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があります。すべてのコレステロールが悪いというわけではなく私たちの身体に必要な成分ですが、濃度のコントロールが必要不可欠です。

 

悪玉コレステロール値が高くなると、脂質異常症や動脈硬化、糖尿病などを引き起こす原因となります。血中の善玉コレステロール値が低くなると、悪玉コレステロールが増えるので、悪玉コレステロールを減らすことがとても大切です。

 

血液検査では、総コレステロール値よりも悪玉コレステロールの数値がとても重要です。動脈硬化は、血管が狭くなって血流が滞りやすくなる病気で、悪玉コレステロール値が高い状態が続くとなりやすい病気です。

 

動脈硬化が進行すると、心臓に大きな負担がかかり心臓病につながったり、狭くなった血管が詰まって心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしやすくなります。血液検査の結果で、悪玉コレステロール値が高いと診断された場合には、食事の見直しや適度な運動の習慣をつける必要があります。

 

善玉コレステロールが多い場合、血中の余分なコレステロールを回収する作用があります。しかし、悪玉コレステロールが多くなると、血管壁に溜まって血管を詰まらせてしまうのです。動脈硬化自体には、はっきりとした自覚症状がないことからサイレント・キラーという別名もあります。

 

日本人のおよそ4人に1人は、心疾患や脳血管疾患で亡くなっているという統計もあるので注意が必要です。悪玉コレステロール値が高い人は、毎日の食事で肉の代わりに青魚にしたり、豆腐や納豆などの大豆食品、食物繊維を多く含む食材をバランスよく摂るようにしましょう。

 

特に、多くの食材をバランスよく摂れて高カロリーになりにくい和食がおすすめです。また、ウォーキングなどの有酸素運動を30分毎日続けることもとても大切です。ウォーキングならいつでもどこでも簡単に行えるので、今日から始めて運動不足を解消しましょう。

 

悪玉コレステロールを減らすには?

 

 

血中の悪玉コレステロール値が高い場合、規則正しい生活を送ることで改善することができます。高コレステロールの方のための食事療法や運動療法などがありますが、できればこの2つを併行することをおすすめします。

 

毎日の食事では、バターや揚げ物、菓子パンやケーキなどに多く含まれる飽和脂肪酸やマーガリンやファーストフードなどに含まれるトランス脂肪酸の摂取量を抑えるようにしましょう。飽和脂肪酸やトランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化や心臓疾患などの要因となるので注意が必要です。

 

反対に、食物繊維は、腸内で悪玉コレステロールを吸収する作用があるので、積極的に摂取するようにしましょう。特に、緑黄色野菜や海藻類、きのこ類などには食物繊維が多く含まれています。これらの食材を、毎日バランスよく摂るようにすることがとても大切です。

 

調理に使う油も、植物性でリノール酸系のものを使うようにするとよいでしょう。食材選びの他にも、食事の量と食事をする時間帯に気をつける必要があります。夜食などはなるべく摂らないようにし、過食気味な方は少しずつ食べる量を減らすようにしましょう。

 

また、ウォーキングや水泳などの有酸素運動は、血中の善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすのに有効とされています。筋肉を動かし汗をかくことで代謝が促されるので、適度な運動をする習慣をつけましょう。

 

最近では、ラジオ体操を日課にしているという方が増えているようです。身体に負担をかけることなくできる有酸素運動として、ラジオ体操が見直されています。ラジオ体操は、椅子に座りながらでもできるので足腰に不安がある方にもおすすめの運動です。

 

なかなか外出ができないという方や、身体に負担をかけずに運動をしたい方は、ラジオ体操を習慣にするとよいでしょう。さらに、犬など散歩が必要になるペットを飼うというのも、運動不足解消に有効な方法です。かわいいペットと一緒なら、毎日歩くことも楽しくなり運動が習慣化しやすくなります。

 

コレステロール対策にサプリもおすすめ

 

 

コレステロールを下げる方法として一般的に言われているのは食事療法や運動療法だと思いますが、ここではそれと併せて、コレステロールを下げるのに打って付けのサプリメントを紹介したいと思います。

 

こちらを参考に⇒コレステロールを下げるサプリランキング

 

悪玉コレステロールを下げるには食事療法や運動療法を欠かすことはできません。とは言え、これらを継続的に続けなければならないというのは身体的にも精神的にもそれなりの負担かと思います。そこで今回は、これらの療法の効果を高めてくれるサプリをお勧めします。

 

DHA・EPA

 

コレステロールを減少させる成分として有名なのは、DHAやEPAになります。特に青魚に豊富に含まれており、具体的にはコレステロールを溶かす効果があるため、血流をサラサラにしてくれます。また、納豆のネバネバを構成しているナットウキナーという成分にも同じく血流をサラサラにする効果が期待できます。

 

キトサン

 

青汁や、明日葉のような植物、あるいはカニと関連しているキトサンも、コレステロールの吸収量を抑え、さらには便として体外へ追い出してくれる働きをしてくれます。

 

最近ですと、中国や台湾の伝統食品である紅麹にもコレステロール対策の可能性があるとして着目され始めています。ちなみにこれは、揚げ物が好きな方にオススメのものになります。

 

DHA・EPAサプリは魚臭くないものを選ぶ

 

一般的に、コレステロールを減少させるサプリメントと言えばDHAやEPAになります。しかし、これらの成分は青魚から採取するものになります。そのせいで、サプリメント自体に魚の臭みが残ってしまい、飲みにくいことで不評を浴びていることも多々あります。しかし、最近になってその臭みを消すことに成功したメーカーがあるようで、魚臭さを感じないサプリメントの販売が次第に開始されています。

 

食事療法や運動療法だけではなかなか効果が得られないという方は、是非こうしたサプリを活用し、コレステロールを基準値へ戻せるよう頑張りましょう。

更新履歴